上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タイトル
「コールドマウンテン」
見た日にち
2月22日
DVD

監督:アンソニー・ミンゲラ
出演者:ジュード・ロウ、ニコール・キッドマン、

<未来を告げる井戸で見たものは??>

(あらすじ&感想)
時代背景:南北戦争

オープニングが、凄い。。。
南軍の軍隊の塹壕の中で、少年が、着るものを、軍人たちに、配っている。
そして・・・。
その地下で、北軍たちが、南軍の陣地の、地下を掘って、そこに、「爆弾」を、仕込んでいる・・・。
静かな朝が、「爆弾」によって、信じられないくらい、残虐な朝に変わっていく・・・。
北軍の爆弾をもろに食らって、爆死した、屍が溢れ・・・。
やがて、息を潜めていた北軍が、南軍の塹壕を目指して、進撃するのだが・・・。
北軍は、自らの墓穴を、掘っていたのだった・・・。
そう、塹壕に仕掛けた爆弾で、大穴が、北軍の兵士を飲み込んでいった・・・。
そして、南軍の兵隊たちが、そこに向かって、銃を向けたのだ・・・。
両軍の屍が、山のようにできていくばかりだった・・・。

そして・・・。そこに、一人の青年が、恋人から、もらった本と写真を大事そうに抱いて戦っていた・・・。
だが、やがて、青年の名は、インマン任務を命じられて、敵の銃弾に・・・。
九死に一生を得た青年は、恋人エイダとの日々を、回想していた。
初めてあったときのこと・・・。
そして、写真をもらうまでのいきさつ・・・。
そして、彼女からの手紙・・・。
緊急の「戦争病棟」となった家の持ち主の夫人から、病の床で、彼女からの手紙を読んでもらう・・・。
そこには、去年、父親が死んで、心細く暮らしていることが、書かれていて・・・。「戻ってきて!!!」と、悲痛な文章で、書かれていた。
彼は、まだ、治りきらない傷をおして、彼女の待つ「コールドマウンテン」を、目指すのだった・・・。
軍隊を放棄して・・・。
彼女は自分を待っている・・・そう信じて・・・。

南北戦争と、コールドマウンテンと呼ばれる町の人々との、生活が、平行して、画面に、描かれていく・・・。
美しい春のコールドマウンテンで、二人が出会い・・・。
4年後に、再会したときは、冬だった・・・。

そして、エイダが、未来を告げる「井戸」を、覗き込んだとき・・・。
インマンは、黒い鳥が、周りを囲み、そして、息倒れる姿だった・・・。
不吉な未来の「予告」
だが、エイダが、彼にあったとき、彼は、確かに、生きていた。
喜ぶエイダ・・・。
あ~。あの「井戸の予告」は、当たらなかった・・・。
そう思った、翌朝・・・。
悲劇が、二人を待っていた・・・。

悲しくて、切なくて、やりきれない・・・。
そんな映画を観たいなら・・・。
この映画をお勧めしたい・・・。

人生って、辛くて、苦しくて、そして、少しだけ、希望に満ちている・・・。
ここに出てくる人は、みんなそんな、人生を、しっかりと生きている。
戦争は、いやだわ・・・。
どんな「戦」でも、誰かが、犠牲になり、そして、人が人を憎むようになる・・・。
憎しみの連鎖が、生まれていく・・・。
そんな、戦争が、おきないように・・・。
時代を超えて、平和な世界を望みます。

コールドマウンテン
コールドマウンテンジュード・ロウ アンソニー・ミンゲラ ニコール・キッドマン

ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント 2006-01-25
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


■もっと、この作品について知りたい方は、コチラ
スポンサーサイト
タイトル
英雄
国姓爺合戦
見た日にち
9月21日
ビデオ

監督:ウー・ヅーニィウ

出演者:チウ・マンチェク シィ・ミン ズゥ・アン トウ・チークオ 島田楊子

公式サイト:

あらすじ

滅亡寸前の明。清による、国家統一が、なされていた時期・・・。
明の皇帝を、擁護していた父が、清に降り、帰らぬ人となった・・・。
明の皇帝より、鄭成功の名を、戴いた、国姓爺は、長年の清との戦いとともに・・・。
オランダによって、支配されていた、「台湾」を、中国の手に、取り戻すのだった・・・。

感想

「国姓爺・鄭成功」という、名前は、よく耳にするのだが・・・。実際に、どんな人物だったのか?!
「歴史」の教科書ではなく、「国姓爺合戦」という、物語でしか、習ったことがなかった・・・。

「鄭成功」という、明の皇帝と同じ、「姓」を、皇帝より賜ったというので・・・。「国姓爺」というようだ。
明の皇帝の願いは、明朝の再興と、台湾のオランダからの奪回であった。
その使命を、鄭成功は、「台湾奪回」ということで、成し遂げた。
「清の皇帝」さえも、「台湾」を、オランダから、奪回したいという気持ちがあったために・・・。
なんと、物語に中で・・・皇帝は、清と戦っている、鄭成功に、金や所領を与えよと、命令までする。

オランダは、鄭成功の活躍で、敗退し、「台湾」は、その支配から、免れている。だが、鄭成功自身は、台湾奪回から、1年後に、39歳の若さで、亡くなっているのだ。

鄭成功の母親は、日本人で、長崎の女性だ。
彼は、幼少のころより、聡く、また、戦いにも、勇敢に立ち向かっている。
日本と、中国と、台湾とを、彼は、深く結びつけてくれているようだ。こうした、友好の使徒が、いたことを、われわれは、忘れてはならないように思える。

どこかの国が、弱い国を、押さえつけるとき、鄭成功のように、勇敢にその支配を覆すような、英雄が現れることを、願うばかりだ・・・。

そうそう、日本人の女優、島田陽子さんが、島田楊子という名前で、出演されていた。鄭成功の母親役だった・・・。いつまでも、お綺麗だ。
鄭成功の役の俳優さんも、どことなく、日本人の俳優さんに似ていた・・・。白人から見たら、日本人も、中国人も、台湾人も、みんな人くくりで見えるようだが・・・。やっぱり、それぞれ違う・・・。中国人と台湾人とも、違うのだろうか?!髪の形や、服装、顔の輪郭などが、ちょっと、違うような・・・。
しかも・・・。日本人の髷も、ちょっと、違ったりして・・・。


英雄 国姓爺合戦
チウ・マンチェク ウー・ヅーニィウ シィ・ミン ズゥ・アン トウ・チークオ 島田楊子

日活
2003-05-23
売り上げランキング 30,638

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


おすすめ度 

 
タイトル
亡国のイージス
見た日にち
8月10日

監督:阪本順治

出演者:中井貴一、真田広之、寺尾聰、佐藤浩市、勝地涼、吉田栄作、岸辺一徳、原田芳雄、ほか。

原作:福井晴敏(「亡国のイージス」講談社刊)

メモ:「亡国のイージス」gooの総合公式サイト

≪未来は、渡さない!!≫

(あらすじ&感想)

DAISの渥美大輔(佐藤浩市)は、戦艦「いそかぜ」に、密かに、如月行(勝地涼)を、乗り込ませ、宮津副長(寺尾聡)が、ヨンファ(中井貴一)と、艦を、奪った際には、艦を、沈めるよう手配していた・・・。
だが、先任伍長の仙石(真田広之)が、艦を、守るために、爆破を、阻止してしまったことから、艦に、乗り組んでいた、14人の幹部以外は、艦を降りることになり・・・。
如月は、ヨンファらに、捕まってしまった。
仙石は、捕まった如月を、助け、艦を、守るために、再び、艦の損傷した場所から、艦に乗り込み、ヨンファらの、陰謀を、阻止しようとするのだが・・・。

この、撮影は、自衛隊も協力したようで、エンドロールに、その旨の名称が、書かれていた。

なかなかの、迫力で、戦艦や、飛行機が、出てきていた・・・。
しかし、一番、目をみはったのは、この、豪華な俳優人だった。

この作品では、珍しく、中井貴一が、悪役を、演じているのも、いい感じだし・・・。

真田広之の演じる先任伍長仙石は、まるで、和製「ダイハート」並に、活躍している。しかも、「撃たれ」ても、「刺され」ても、死なない・・・。まるで、「不死身」?!か、って、思ってしまう。

原田芳雄の「総理大臣」は、かなり、アクが、強すぎる感じだが・・・。「俺の(総理の)ときに、限って(こんなことしやがって)・・・。」みたいな、口調は、いかにも、「政治屋」に、ふさわしいセリフだろう。
しかも、こんな一大事が、起きてるというのに、最初の言葉が、「これから選挙区にいかなければいけない(時間な)のに・・・(早く切り上げたい)」と言った調子だった。しかも、「アメリカ」に、聞かないと何もできないのか?!「ワシントンは、なんていってる?!」と、側近に、聞くしまつ・・・。

確かに、こんな「能天気」な、トップが、国を仕切ってたのでは、われわれ、国民は、安心していられないかもしれない・・・。

「平和」だということを、いいことに、「恥すら」失った「日本人」。自分の国を自分で守ることすら、できなくなっている。
そんな、「お気楽者しかいない」ような「日本」に、「渇!」を、入れようというのだろうか?!

この物語の中で、ヨンファは、「自由を、自分で、勝ち取ったことのない日本」と、日本人のありようを、蔑んでいる。
確かに、今の日本の、「自由」は、アメリカのように、「独立戦争」で、勝ち取ったものではない。

それは、「アメリカ」に、与えられたものでしかない。
戦後、私たちは、あの、「原爆」を、落とした国「アメリカ」によって、名前だけの実績の伴わない「自由」というものを、「押し頂いた」。
けれど、自分で、勝ち取ってもいない、「自由」に、何の意味があるのだろう?!
私たちは、「自由」の本当の、「意味」を、理解せず、ただ、「自由」と、「平等」を、「アメリカ」のやり方を、見習いながら、「模倣」してきたにすぎない。

真の「自由」には、「犠牲」と、「責任」が、伴うということを、われわれは、知らない。

われわれは、戦後に生まれ、戦争について、何一つ「正確」には、教わってはいない。

海外、特に、アジアの民は、日本人が、「戦争のときにしたこと」を、しっかり教わり、日本人は、まるで、「鬼畜」のように、子孫に伝えられている。

日本はというと、戦争について、「原爆」の授業を、やる程度で、「戦争は悲惨だ!戦争はしてはいけない!平和に!」と、教えるだけだ。

「戦争」について・・・
1・誰の名の元に、起きたのか?
2・何故、起きたのか?
3・どういう過程で、どんなことを、したのか?
4・どういう戦い方をしたのか?
5・誰が、犠牲になったのか?
そんなことは、全然、教えやしない。

しかも、「原爆」を、落とした「アメリカ」について、「抗議」することすら教えない。

「原爆」によって、「アメリカ」が得た、「利益」すら、教えはしない。

当たり前だ。「自由」という、「不自由」を、頂いたのだもの・・・。

「東京裁判」や、「ニュールンベルグ裁判」についても、教えない。

だって、不公平なことが、ばれては困るもの・・・。

「平和」という、「檻」の中で、われわれ日本人は、飼われているに過ぎない。

だって、日本人って、「素直」だし、「まじめによく働く」ものね。困った時には、「お金」を、調達したらいいじゃない。この国の国民は、「戦闘的」ではないもの・・・。

なんてね・・・。与えられた「平和」に、われわれは、のほほんと、「爪」や、「牙」を、とられて、あくびをしている「動物園のライオン」のようなものだ・・・。
すっかり、飼われることに、慣れきってしまっている。

だったら・・・。
この国は、「亡国」というのに、ふさわしいのかもしれない。
この国を、一度、「洗浄」して、もう一度、作り直したほうが、いいのかもしれない。

けれど、こう考えるのは、「思考」の段階でのことでしかない。

実際に、この国に、生きているものは、それなりに、一生懸命に、生きているのだ。

誰かが、その、明日を、いきなり、奪うことなんて、絶対しては、いけないことなのだ。

未来は、これからの、人々が、一人一人、考えて、作っていくものなのだ。
誰かが、自分の個人だけの考えで、ぶち壊すなんてできないものなのだ。

この映画を、見ていて、それぞれの人物のプロフィールが、ところどころ、散りばめられているのだけど・・・。
その、多くを、語ってはいない。
それが、物足りないという、意見もあるだろうけど・・・。
彼らの過去は、現代に、結びつくものではあるけれど・・・。
未来に行き着くものなのかどうかは、わからない・・・。
その、ぼんやりとした、描き方は、それぞれの未来を、象徴するように、はっきりと、描かれてないところが、また、いいのかもしれない。


(ネタバレなので・・・。見てない人は、読まないで!)

最後に、宮津副長が、戦艦を、沈めてしまうのだが・・・。
昔から、「艦長は、船とともに」という、船乗りの習いに添ったような終わり方だった・・・。

イージス艦も、外からの攻撃は、無敵でも、中からは、もろいものです。
これって、どんなことにも、結びつくような・・・。

それにしても、映画の中で、「三沢基地」に応援、頼んじゃう日本って・・・。本当に、頼りないよね~~。完全に「亡国」っていわれても仕方ないかも・・・。


亡国のイージス
福井 晴敏

講談社
1999-08
売り上げランキング 2,004

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


おすすめ度 

テーマ : 今日見た映画 - ジャンル : 映画

《2004年の映画》

タイトル
「ブラザーフッド」・・・★★★☆
観た日にち
2004年7月1日
映画館
「韓国映画」

監督:

出演:チャン・ドンゴン  ウォンビン 


メモ:「ブラザーフッド」公式サイト

<あらすじ>

1950年朝鮮戦争が、おきます。
その年、兄イ・ジンテ(チャン・ドンゴン)は、「靴屋」になる夢を、持って、「靴磨き」を、しながら、成績のいい、弟を、大学に行かせようと、必死で、働いていました。
弟イ・ジンソク(ウォンビン)は、家族の期待にこたえるために、必死で、勉強し、大学に行くのだと、希望をもっていました。
母は、兄弟の仲がよいことを、感謝し、息子の嫁になってくれる、娘さんに、苦労をかけるかもしれないと、心配していました。
兄の妻になる娘は、9月になって、大好きな人と結婚できる日を、心待ちに、妹三人を、育てながら、力強く、生きていました。
そんな、平凡で、穏やかな、庶民の生活が、戦争に、よって、一変していきます。
北の軍隊の、進軍によって、彼らは、家をすて、避難する為に、難民になっていくのです。
しかし、運命は、過酷です。いきなり、弟は、「軍隊」に連れて行かれてしまうのです。弟を、連れ戻しに行った兄も、「戦地」に送られてしまいます。
兄は、弟の除隊を、願うあまり、「勲章」を、貰って、自分の代わりに、弟を、除隊させようと、命がけで、戦います。
「弟のためなら、なんでもする。だから、弟を除隊させてくれ!」と、上官に詰め寄る兄の、強い意志!
そして、とうとう、「勲章」を、もらうのですが・・・。

ここから、さきは、DVDで、実際に、ご覧下さい。とても、いい映画ですよ!!
戦闘シーンは、凄い!!ちょっと、気が弱い、私には、爆弾で飛び散る、肉の塊となた、兵士や、銃で、撃たれるシーンは、戦闘さながらで、怖かったです。
血圧低いので、失神しそうだった!

ブラザーフッド プレミアム・エディション
チャン・ドンゴン カン・ジェギュ ウォンビン イ・ウンジュ チェ・ミンシク

ジェネオン エンタテインメント
2004-11-05
売り上げランキング 5,848

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


おすすめ度 

戦争映画は、いっぱいあるけれど・・・。こんなに、泣いたのって・・・。ないかも~~。

ロング・エンゲージメント


項目 ロング・エンゲージメント
見た日にち 3月23日
映画館

監督 ジャン・ピエール・ジュネ
出演者 マチルド・・・オドレイ・トトウ
  マネク・・・ギャスパー・ウリエル

感想 (あらすじ)マチルドは、幼いころ、小児マヒにかかって、足が不自由だが、気性が、しっかりした女性。
マネクは、マチルドの婚約者で、二人は、似合いのカップルだった。しかし、ある日、戦争に、マネクは、徴収されて、二人は、引き裂かれてしまう。
終戦後、1920年になって、1917年、マネクら、5人の兵士は、「ビンゴ・クレピュスキル」というところで、フランスの塹壕を追い出され、武器も持たずに、ドイツ軍との戦場に、放り出されたことが、判明する。
マチルドは、「戦死といわれた、婚約者は、必ず生きている!」と確信して、彼の消息を、追い求めて、さまざまな、人々と、コンタクトを、とっていく。
(ネタバレ)
この映画を見ていなくて、ネタバレを、好まない方は、ここからは、読まないでくださいね。
マチルドは、いくつかの、「おまじない」をします。
最初の「おまじない」マチルドは、「マネクの乗った、車に、追いついたら、彼は、生きて帰ってくる!」といって、坂を下りていくのです。彼女の不自由な足を引きずりながら、必死で・・・。なんとけなげで、可愛い「おまじない」けれど・・・。やっと、追いついたと思った車は、マネクの乗った車ではありませんでした。
マネクの死の知らせを、聞いても、マチルドは、「おまじない」をします。「もしも、昼ごはんの前に、犬が、私の部屋に入ってきたら、彼は、生きている!」お昼になって、叔父さんが、「食事だよ!」と知らせにやってきます。そして、その知らせを終える前に、飼い犬が、マチルドの部屋に、入ってくるのです。
マチルドが、する数々の「おまじない」は、私たちが、日ごろやっている身近なものだけに、なんとも、心に響きます。「そうだね!その気持ちわかるよ。そう信じたいよね!」って、私も、頷いてしまいました。
自分で、判断ができないとき、人は、「おまじない」の力に頼ります。
でも、彼女は、どんなに、人が「もうあきらめたら」と言っても、愛するマネクが、生きていることを、信じてやみません。彼女の強い意志と、愛が、この、最後の「奇跡」に導くのです。それまでの、数々の「謎解き」が、とっても悲しく、美しい思い出となったとしても・・・。


ロング・エンゲージメント 特別版
オドレイ・トトゥ ジャン=ピエール・ジュネ ギャスパー・ウリエル マリオン・コティヤール アルベール・デュポンテル ティッキー・オルガド

ワーナー・ホーム・ビデオ
2005-08-05
売り上げランキング 430

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


おすすめ度 

愛する恋人が、戦死したと聞かされても、生きていると信じて、独自に調査をした・・・。彼女の愛が、奇跡を生むのか?!

 | ホーム |  次のページ»»



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。