上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブレイド3

タイトル
「ブレイド3」
見た日にち
1月26日
DVD
公式サイト「ブレイド3

監督:デヴィッド・S・ゴイヤー  
出演者: ウェズリー・スナイプス クリス・クリストファーソン

(あらすじ&感想)
吸血鬼集団は、先祖を、見つけ、その血によって、昼間も歩ける、「究極の吸血鬼」になろうとしていた。
ブレイドは、吸血鬼に、はめられて、人間を殺してしまい・・・。FBIに、ねぐらを押さえられ、つかまってしまう。
そこに、助けが現れて・・・。
新たな敵を、倒すことになるのだけど・・・。

う~~ん。1&2に比べて・・・。
どうしちゃったの??って、感じ・・・。物足りないよ~。
まあ、アクションは、いいとしても・・・。(←いいのか?!)
最後の終わり方が、あまりにも、あっけなさ過ぎて、拍子抜けしてしまいます。って・・・。ネタバレしてしまいますが・・・。

どうなのよ??
見た人いたら、聞かせてください。m(__)m!!

ブレイド3 スタンダードエディション
ブレイド3 スタンダードエディションウェズリー・スナイプス デヴィッド・S・ゴイヤー クリス・クリストファーソン

ポニーキャニオン 2005-12-22
売り上げランキング : 1,301

おすすめ平均 star
starこの低レベルさ、ホント笑わせる・・・。(苦笑)
star完結編としての盛り上がりが無いぞ!?!?
star先祖帰りしたブレード

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

スポンサーサイト

テーマ : DVDで見た映画 - ジャンル : 映画

タイトル
「ヴァン・ヘルシング」
見た日にち
2004年9月9日
映画館 

監督:スティーブン・ソマーズ
出演:ヒュー・ジャックマン、ケイト・ベッキンセール、リチャード・ロクスバーグ

<あらすじ>×××

<感想>
余りにも、「荒唐無稽」な、物語なので、これは、ストーリーとか、内容にこだわらず、CGを、楽しむための「映画」だと思う。
「ジキル博士とハイド氏」をはじめ、「フランケン・シュタイン」や、「狼男」、「吸血鬼ドラキュラ」が、一緒に出てくるところなどは、まさに、アニメの「怪物くん」の世界だ。
楽しむだけの「映画」に、ストーリーも、内容も、もはや存在しない!
6頭だての馬車が、何十メートルも離れた対岸の崖から、崖へ飛び移るシーンは、まさに、ニッポン国営放送局で、放送されていた人形劇の中で、見たシーンの再現のようだった!「ありえない!!」って、叫んでしまいそうだった!
おまけに、「ヴァン・ヘルシング」は、原作では、60歳くらいの教授のはずなのに・・・。どう見ても30代の健康な青年で、「怪物ハンター」なのだ。
しかも、ドラキュラ伯爵と、旧知の仲!?「ガブリエル」と、ドラキュラ伯は、「ヴァン・ヘルシング」を、呼んでいる!
しかも、400年前に、闘ったことがあるだと?!「私を殺したのは、君だ!(ガブリエル=ヴァン・ヘルシング)神の左」
ということは・・・「ヴァン・ヘルシング」は、いったい、何歳??何者なの??まさか、聖書にでてくる、「天使ガブリエル」ではないでしょうね~~?!
なんだか、考えてると、こんがらがちゃうので、この辺で、考えるのやめて、CGを、楽しんで、ハロウィンの衣装を楽しんで・・・。「映画」終わったら、さっさと、帰ってきちゃいました。

ヴァン・ヘルシング公式サイト

ヴァン・ヘルシング

ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン
2005-09-23
売り上げランキング 3,636

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


おすすめ度 

お勧めできない、荒唐無稽な映画です。でも、CGは、楽しめます。


タイトル
ドラキュリア2
見た日にち
6月25日

監督:

出演者:ジェイソン・スコット・リー、ジェイソン・ロンドン、ジョエル・ソアソン

(あらすじ&感想)

エリザベスは、大学の教師と、恋人。だが、教授は、日に日に、体が動かなくなるという、不治の病に、おかされていた。
彼女は、教授の勧めで、「死体安置所」で、死体の解剖を、していたのだが、ある日、「十字架に吊るされて、焼き殺された」と思われる不審な死体が、やってくる。
その直後、その死体を300万ドルで、買いたいという、不審な電話まで、掛かってきた。
死体を解剖すると、内臓に、損傷はなく、普通の人間の死体の状態とは、違っていた。歯形をとろうと、口を開けたところ、牙のような歯で、エリザベスは、怪我をしてしまう。
そのときから、彼女の体に、徐々に変化が・・・。
300万ドルのお金に目がくらんで、教授の支持で、死体を、運んで、鮮血のお風呂にいれたのだが・・・。そこから、教授の弟子たちに、思わぬことが、起こり始める・・・。
教授に囚われたドラキュラ。ドラキュラの血で、自分の病を治そうとする、教授。教授の本性も知らず、献身的な、愛をささげ、尽くすエリザベス、ドラキュラを、買うといった、謎の男、エリザベスに、恋しているやさしい男、落第寸前の黒人の学生・・・。そんな人々の欲望が、次第に物語を進めていく。並行して、ドラキュラに、怪我をさせられたために、どちらの世界にも属してしまった、神父のドラキュラ狩りの技も、見逃せない。

ドラキュラの物語というよりは、人間の「不死」への憧れと、欲望の物語だと思う。しかも、ドラキュラは、ココでは、「キリストの弟子」として、その正体を、ほんの少しだが、垣間見せる。
「魂の救い」を、しなくては、ドラキュラは、不滅なのだと、老神父が、言うのだけど・・・。
ドラキュラ映画を、見たい、私としては、ドラキュラに、ココで、改心してもらっては、困るのだ!!
ドラキュラファンには、面白くても、そうでない方には、お勧めしない、1本です。








ドラキュリア2 鮮血の狩人
ジェイソン・スコット・リー パトリック・ルシエ ジェイソン・ロンドン ジョエル・ソアソン

アートポート
2004-06-25
売り上げランキング 23,830

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


おすすめ度 

十字架にかかって、火で焼かれた死体が、安置室に・・・。
そこから、始まる、ドラキュラの不死を、めぐる愚かな人の欲望のドラマ・・・。
タイトル
アンダーワールド
日付 5月28日


監督:レン・ワイズマン
出演者:ケイト・ベッキンセール
スコット・スピードマン 、ビル・ナイ、シェーン・ブローリー

(感想 &あらすじ)

私の大好きな、「ドラキュラ」系のお話。吸血鬼の一族は、600年にも及ぶ、抗争を、狼男と、繰り返していた。「戦士」として、「狼男」の、根絶やしに、600年間費やしてきた、娘セリーンは、ある日、狼男が、ある「人間」を、追いかけていることに、不審を抱き、その調査に、乗り出した。
そこで、彼女は、ルシアンという、狼男の指導者が、死んでいなかったことを知る。
ルシアンは、吸血鬼の指導者、ビクターの娘と愛し合い、二人の間に、子供ができた。そのことを知った、ビクターが、ハーフが、生まれることを恐れて、自分の娘を、処刑したのだ。
ルシアンは、ビクターの追撃から逃れて、彼のいとこであり、ビクターが、眠りについている間、今は、吸血鬼の指導者でもある男クレイブンと、結託し、自分の皮を、与えて、死んだことに、していたのだ。
ルシアンは、彼らの祖先の中で、「吸血鬼」にも、「狼男」にもならなかった人間の子孫を、探していた。彼の血の中に、「狼男」と、「吸血鬼」を、融合する、モノが、含まれていると、考えているからだ。そして、彼は、ついに、その「保因者」マイケル・コーヴィンを見つけたのだ。
彼の血によって、「吸血鬼と、狼男」双方の特徴を備えた、ハーフ,しかも,どちらよりも、強い存在が・・・。

メモ:「アンダーワールド」公式サイト


アンダーワールド スペシャル・エディション
ケイト・ベッキンセール スコット・スピードマン

ハピネット・ピクチャーズ
2004-06-01
売り上げランキング 9,489

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


おすすめ度 

 

続きを読む »

 | ホーム | 



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。