上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大帝の剣

見た日にち12月1日
DVD
ジャンル:邦画
タイトル:「大帝の剣

原作:夢枕獏

この映画、すか~~っと、何にも、考えずに、見てたら、面白いと思う。
あべちゃんのファンなんで。。。
あばちゃんのデカイ体と、大きな剣で、暴れるすがたは、結構、面白い。。。
っていうか、あらすじとか、時代設定とか、めっちゃ、ハチャメチャなので・・・。
「夢枕獏」ファンでないと、こういうのは、「アホ?!」って、おもうかもしれない。。。
でも、「夢枕獏」ファンの私には、いいじゃん!!
なんでも、ありじゃん!!
どんどん、やっちゃって~!!って、感じで、受け入れられちゃうから、不思議。。。(・・;)
ま!好き嫌いは、あるよね。
こういう部類の映画って。。。
なんっていうか。。。最近、ストレスたまり気味なので・・・。
こういう、「時代&SF&活劇」っぽいものって、ジュース&ポテチ片手に、バクバク見れちゃう感じです。

「まじめな方」には、「絶対、お勧めしない!!」、「作品1号」ですね~♪(^_-)bあべちゃん風ドラフト○ール宣伝っぽく。。。

私の中では、★★★
もちろん、面白さの評価だけですけどね~♪(^_^)

大帝の剣
大帝の剣堤幸彦

おすすめ平均
stars消化不良、か?
stars気になる。
starsあべちゃんのファンなので結構面白かったですよ。
starsう〜〜〜ん……。
starsおもしれぇ〜

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

スポンサーサイト

武士の一分

タイトル
「武士の一分」
見た日にち
12月6日
映画館

監督:山田洋二

出演:木村拓也 

原作:藤沢周平

公式サイト・・・「武士の一分」


毒見役のせいで、盲目になってしまった三村新之丞(木村拓也)・・・。
そのために、周囲は、大慌てして、家族会議をひらき、妻加世(壇れい)が、未婚のときに、何度か、挨拶を交わしただけの上役島田(坂東三津五郎)に、手土産を持って、夫の今後のことを、相談に行く羽目になった・・・。
その上役島田藤弥こそは、城下一の美人とうわさのこの、人妻加世に、下心を持っていた。
そして、上司であることを、かさにきて、妻を手篭めにしてしまう。
妻は、夫のこれからのことを思い、我慢していたのだけど・・・。

夫は、なんとか、禄を、食むことを、許されて、周りの者も、安心したのだが・・・。
妻の不義は、いつしか、人の知るところとなって、夫の耳に入ってしまう。
ことの真偽を、確かめるために、家中のものに、妻の後をつけさせて、結局、妻の裏切りを知り、男は、妻も、自分も許せなくなる。

そして、あるとき、禄を食むことを、「城主」の「英断」によって、決められたことだと知ったとき、男は、妻をだました、上司が、許せなくなった。。。
妻のために、そして、自分のために、彼は、上司と、決着をつけることになる。

盲目の剣士で、ありながら、そのハンデイを、背負って、なお、「武士の一分」を、通そうとする。

結局、卑怯な手をつかうけれども、上司が、負けるのだが、彼も、また、「武士の一分」によって、自分を負かした相手の名前を、告げずに、切腹する。

「武士の一分」には、「武士の一分」で・・・。
彼も、また、「武士」の心を、もっていたのであろう・・・。

「恥」を、知る時代のお話であろう。。。

「恥」を、忘れてしまった、この時代に、この物語が、これほどまでに、新鮮に、受け取られるとは・・・。

う~ん。語らずもがや。。。

蛍のシーンが、私は、一番好きだ。

目が見えなくなった主人公が、妻に、「ホタルが、そろそろ、あらわれる季節だが。。。もう、飛んでいるのではないか??」と、たずねるのですが・・・。
妻は、目の前をホタルが、飛び交っているのに、ホタルを、見ることが、できなくなった夫に、「まだです」と、いう。。。


そして、最後のシーンも、

映画の最後で、
妻は、夫にいう。
あなたのそばにいてもいいのですか??

夫婦愛って。。。いいよね。。。
映画は、最高♪♪

夫婦愛が、感じられて、心温まる気がする。。。

やっぱり、藤沢周平の作品は、いいよね。。。

続きを読む »

 | ホーム | 



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。