上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タイトル
テイキング・ライブス
見た日にち
8月26日
ビデオ

監督:D・J・カルーソー

出演者:アンジェリーナ・ジョリー、イーサン・ホーク

《君の代わりに、生きてあげよう・・・。》

メモ:「テイキング・ライブス」公式サイト

(あらすじ&感想)

1983年一人の少年が、カナダの駅で、別の少年と、知り合った。彼らは、一緒の席になり、バスのエンストで、1台の車を借りた。だが、車が、パンクしたとき、修理していた少年を、もう一人の少年が、襲った!彼は、殺した少年に成り代わり、人生をスタートさせた・・・。

現代・・・。カナダで・・・。両手を切断された、白骨死体が、建設作業の現場で、見つかった・・・。
FBIの犯罪捜査官イリアナ・スコット(アンジェリーナ・ジョリー)は、殺人事件の助っ人に、飛んだ。
警察の中には、彼女に、いい感じを、抱いていないものもいた。
そんな中、犯人を見たという、男コスタ(イーサン・ホーク)が、警察で、取調べを受けた・・・。
彼が、真犯人なのか?!
彼女は、男を尋問し、殺人犯ではないと、判定してしまうのだが・・・。
犯人マーティン・アッシャーの母親から、息子が、戻ってきていると聞いて、息子についての資料を集めるために、話を、聞きにいった。
マーティン・アッシャーは、16歳で、家出して、死んだことになっていた・・・。
だが、生きていると、母親は、言うのだ。
彼には、双子の兄がいて、母親は、この、兄を溺愛していた。
弟は、兄と一緒に、泳ぎに行って、溺れ・・・。それを助けようとした、兄が、死んだというのだった・・・。もしかしたら・・・。この事故も、彼の仕業なのか?!
彼は、次々と、人を殺し、殺した相手に成り代わって、「人生そのものを乗っ取る(テイキング・ライブス)」ということが、明らかになっていく・・・。

そんな中、彼女は、容疑者だった、画家コスタに、心を、惹かれ、ついには、関係までもてしまう・・・。
だが・・・。彼こそが、「連続殺人犯」と、わかったとき・・・。

さて・・・。この先は、言えません!!

最後、カッコいい!!やっぱり、アンジーだわ!!って・・・。
アンジーファンの私は、思ってしまった・・・。

しかし・・・。映画を見ている、こちら側では・・・。
どう考えても・・・。「そいつ!犯人よ!!アンジーそんなやつに、色目つかっちゃ~~だめ!!」って、いいたいのだけど・・・。
そこが、怖いとこよね!!
こういう、映画って、見てるほうには、なんとなく、ぼんやりと、犯人が、わかるのに・・・。主人公は、「鈍感?」なのか、全然、気がつかない・・・。その、イライラするような感じが、しだしたら・・・。物語の中に、深く入ってしまっているって、事なのかもしれないわね~~。(汗
 
テイキング・ライブス ディレクターズカット 特別版
アンジェリーナ・ジョリー D.J.カルーソ イーサン・ホーク キーファー・サザーランド ジーナ・ローランズ ジョン・ボーケンキャンプ

ワーナー・ホーム・ビデオ
2005-07-29
売り上げランキング 2,853

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


おすすめ度 

FBIの有能な犯罪捜査官が、心惹かれた男は・・・。
連続殺人犯なのか?!
アンジーのラブシーンも、衝撃的?!
最後の殺人犯と、アンジーの駆け引きも衝撃的?!
刺激が欲しい方に、ぴったりかも?!

テーマ : 映画・ビデオ・DVD日記 - ジャンル : 映画

««前のページ  | ホーム |  次のページ»»



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。