上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アイランド

タイトル
「アイランド」
見た日にち
8月3日
映画館:TOHOシネマ

監督:

出演:ユアン・マクレガー スカーレット・ヨハンソン スティーブ・ブシェミ

メモ:「アイランド」公式サイト

【アイランド・・・生命が、オーダーメイドされる場所・・・】

(あらすじ&感想)

「アイランド」に、行くことだけが、楽しみという人々がいる。
彼らは、同じ服を着て、同じ靴を履き、同じ職場で、働いている。
毎日、「抽選」が、行われて、「アイランド」に当選することだけを、願っている。
だが、この生活を、おかしいと思う、男がいた。
リンカーン・6・エコー。彼は、ある日、「汚染された」と、聞かされていた、通風孔で、「虫」を、見つけた。「虫」は、絶滅していたのではないか?!
彼は、「虫」がいたところから、登っていって・・・。
病棟に、行き着く。
そこでは、「アイランド」に、当選していた人が、生きたまま「臓器」を、取られていた。
赤ん坊を産んだら、「アイランド」にいけると信じていた、女性が、殺され、「赤ん坊」だけが、彼女と、そっくりの女性に、手渡されていた。
そうだったのだ・・・。彼らは、「クローン」だった。
だから、「人間」として扱われず、用済みになると、「廃棄」処分されてしまうのだ。
「アイランド」にいくこと、それは、「クローン」としての「役割」を、果たすときが来たということなのだ。

そして、彼の友達、ジョーダンは、「アイランド」に当選してしまった。
リンカーンは、ジョーダンを、連れて、「生きる」ために、外の世界に、飛び出していった・・・。

そこで、彼らは、「クローン」の「存在」を、「植物状態」だと公言していた企業メリック・バイオテック社が、雇った「プロ」に、追い立てられることになる。
メリックは、彼らの実態を、隠すために、彼らの存在を、消し去ろうとしていたのだ。

リンカーンは、クローンを、依頼した、「船舶設計士」のトム・リンカーンを、探しだし、彼に助けを求めた。
だが、依頼主のトムは、「肝硬変」に、侵されていて、数年のうちに、手術なくては、助からない。
トムは、企業に、電話して、リンカーンを、引き渡そうとするが・・・。

リンカーンは、「人間は、生きるためになんでもする。だから、人間を信じてはいけない。」といってくれた、彼らを、逃がしてくれた研究員マッコードの言葉を思い出す。
そう、危機に瀕したとき、彼は、それを、実行する。

だが、リンカーンは、助かったからといって、ジョーダンと二人で、逃げようとはしない。
彼ら、仲間を、助けるために、再び、センターに向うのだった・・・。


この映画、「宇宙戦争」よりも、私は、好きだ。
だって、主人公が、とっても、ピュアな感じだからだ。
 
ジョーダンが、「アイランドは、ここにあった。」と、リンカーンと、愛し合ったあとで、言うシーンも、なかなかいい・・・。
そう、「アイランド」は、生きるために存在するもの。
生きる希望・・・愛するものと二人で実現するものなのかもしれない。

あんなに、みんなが、行きたがっていた、「アイランド」が、「クローン」として、「死ぬこと」だったなんて・・・。残酷すぎるではないか・・・。

この映画は、映画館で見ないと、この迫力が、伝わらない。
そんなアクションも、いっぱいあって、楽しめる映画だといえよう。
スポンサーサイト

コメント

やっと、書きました

私は映画公開の初日に行っていたのに、今日感想をアップしました。
観ていても書いてない映画いっぱいあります。(>_<)

迫力あるアクションはおもしろかったけど、「クローン人間」が現実に起こりそうで恐くなってしまいました。

ユアン・マクレガー、スティーブ・ブシェミと好きな俳優さんばかり出演していたので、楽しめました。



こんにちは。

とっても、楽しかったですね~♪
「クローン」て、ずいぶん前から、できてるようですけど・・・。牛とか、羊とか、猫、犬なんかは、成功しているようですが・・・。長生きできないと聞いています。
人間の場合も、何人もが、実験をやっているようですけど・・・。今までのは、失敗が多いようで、「胚の分裂」が、うまくいかないようですね。
でも、イタリアの学者さんが、「クローン人間」に成功したとか言っていましたけど・・・。あれは、その後どうなったのでしょうか?!
人の「クローン」を、創ることは、なんだか、とっても、罪深い気がしますけど・・・。
私は、無心論者ですけど・・・。それでも、「自然の法則」に逆らうようなことって、なんだか、怖いです。
この映画は、楽しめましたけどね~~。

訂正

>ブログペットとメロメロ
ごめんなさい。今見たら、ちゃんと表示されていました。
私のPCが不調なのか、時々表示されないのです。

こんにちは

ちょうど同じ日に観に行ったのですね。
私もすごく楽しめました。
クローン人間、近い将来本当に存在するかもしれませんね。
ある意味、恐ろしい映画でした。

ところで、こちらはブログペットとメロメロやめちゃったのですか。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


アイランド
監督マイケル・ベイ原題 THE ISLAND生きのびろ、地上でもっともピュアな魂。舞台は近未来。大気汚染から守られ、すべてのことを管理されている施設で暮らす人々の夢は、抽選に選ばれて、地上の楽園「アイランド」へ移住することであった。リンカーン・6・エコー(ユアン・
2005/08/07 00:04 | ryuの映画感想 |

アイランド
映画の日だし、子供はいないしで、午後に見に行ってきました。カップルがいっぱい。いつも午前中なので居心地悪かったです。マイケル・ベイはあまり好きではないのですが、ユアンがかなり好みなので行きました。予告編を見てるとパニックものっぽかったんだけど、パニック含
2005/08/04 23:26 | 毎週水曜日にMOVIE! |

 | ホーム | 



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。