上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タイトル
「ナショナル・トレジャー」
見た日にち
9月11日
DVD

監督:ジョン・タートルトーブ 

出演者:ニコラス・ケイジ ジョン・ボイド ハーヴェイ・カイテル ダイアン・クルーガー ショーン・ビーン

≪世界を揺るがす、秘宝が、明らかに・・・。≫

ナショナル・トレジャー」公式サイト

(感想&あらすじ)

最初に、アラスカ?なのか、氷の中の船の中に、そのなぞを解く鍵が、隠されていた・・・。
象牙のパイフに、なにやら、文字が・・・。
そして、文字を、頼りに、謎解きを・・・。
そうそう、なんと、なぞを解明するには・・・。
「独立宣言」が必要なのだ!!

天才歴史学者ベン・ゲイツ(ニコラス・ケイジ)のパトロンと、なってくれていた、イアン・ハウ(ショーン・ビーン)は、とうとう、正体をあらわにして、「伝説の秘宝」を、我が物とするために・・・。「独立宣言」を、盗もうとする。
ベンは、友達のライリー。プールの助けを借りて、イアンの「独立宣言」強奪を、阻止すべく、彼自ら、盗むことになった・・・。
そこで、アビゲイル・チェイス博士(ダイアン・クルーガー)をも、巻き込んでしまうのだが・・・。

そこから・・・。物語は、「伝説の100億の宝物」を、めぐって、さまざまな、謎解きを、繰り返すことになる。
なんといっても、ベン・ゲイツ(ニコラス・ケイジ)の「ありえないだろ~~!!」といいたくなるような、大胆な、発想と、謎解きにかける、執念のようなものを、感じる。
だが、彼が、ほしかったのは、「100億の宝」ではなく、ゲイツ一族の名誉を挽回することだった・・・。
変人といわれ、みんなに、疎まれてきていた、先祖たちが、「真実」を、語っていたのだということを、認めてもらいたかったのかもしれない。
祖父の話を、初めて聞いたとき、父パトリック・ゲイツ(ジョン・ボイド)は、不機嫌だった・・・。
そして、宝探しに夢中になっている息子に対して・・・。
父は、ありもしない「宝」に、振り回されてしまったと、嘆いていたけど・・・。
「宝物」が、実在していたということが、わかると・・・。
「宝物」が、実在していたということが、わかっただけでもいい!!と、いった。
彼もまた、「宝物」にたいする「探究心」の塊であった時代を、経験していた一人だったのだ・・・。
そして・・・。
最後に・・・。
本当の「宝物」を、発見する♪
きっと、「映画館」で見ていたら・・・。大迫力だったろうな~~。
ちょっと、惜しいな~~。

ナショナル・トレジャー 特別版
ニコラス・ケイジ ジョン・タートルトーブ ジョン・ボイド ハーヴェイ・カイテル ダイアン・クルーガー ショーン・ビーン

ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
2005-08-24
売り上げランキング 38

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


おすすめ度 

100億の宝のなぞを解いていくのが、とっても、面白い・・・。
そうそう、おなじみの、「テンプル騎士団」・・・。
これって・・・。
本当に、「謎めいた存在」ですよね~~♪
いろんな、物語に、登場しますけど・・・。
ここでも、・・・。
スポンサーサイト

コメント

ありがとうございます。

TB&コメント、ありがとうございます。
こちらも、TBさせていただきました。m(__)m!!
楽しい映画がいいですね~~♪

面白かったですvv

急いでTB頂きました(笑)

こういう冒険ものもいいですよね。
私も映画館で見たかったですー(;_;)

続編はどんなものになるのでしょうね☆

サシヒさん。

なんだか、「テンプル騎士団」って・・・。いろいろなところで、出てくるのですよね~~。実際は、どれが、正しいのでしょう?!(^_^;)

面白そうですね

「テンプル騎士団」とか出てくると、無条件に反応してしまう私・・・

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


「ナショナル・トレジャー」
久しぶりに見た映画。映画館で放映中とかに、TVで予告を見て面白そうだと思ってたので。レンタルで見た瞬間に借りました全体的にはおもしろかったですねただの冒険ものではなく、色んな要素も含まれてるように感じました盗むシーンとかなんて...
2005/09/23 13:59 | きらきら星~つっちーのつれづれ日記~ |

 | ホーム | 



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。