上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タイトル
レモニー・スイニケットの世にも不幸せな物語
見た日にち
9月20日
DVD

監督:

出演:ジム・キャリー、ジュード・ロウ、 エミリー・ブラウニング リアム・エイケン、メリル・ストリーブ


公式サイト:「世にも不幸せな物語


あらすじ&感想

両親を、家事で失った、3人の姉弟バイオレット、クラウス、サニーは、「俳優」という、オラフ伯爵(ジム・キャリー)の家に、引き取られたが・・・。
伯爵は、この、三人の子供を、亡き者にして、財産を奪おうと狙っている。そのことに、気づいた、彼らは、弁護士に、新たな、「後見人」を、探してもらうのだが・・・。

次々と、子供たちを、襲う、「不幸せ」でも、子供たちは、協力して、それに、立ち向かっていっている・・・。
そして、彼らは、その途中で、両親を、火事で、焼死させ、屋敷を焼き払った・・・。正体を知るのだった・・・。

本当に、不幸せなのは、この子供たちなのだろうか?!
両親に愛され、姉弟に、恵まれて、信じあい、助け合っている彼らは、「不幸せ」と、言えるのだろうか?!

時々、「不幸せ」だの、「幸せ」だの、こちらが、決めるものなのか?!迷うことがある。

この物語でも、この子供たちは、確かに、両親は、亡くしてしまってはいるけれど・・・。
両親から、受け継いだ、「愛情」は、なくしてはいない!!

両親がいても、両親から、愛情を得られない者は・・・。
たくさんいる。そんなことを、考えると・・・。
この子供たちが、そんなに、不幸には、思えないのだが・・・。
そんなことを、考える私は・・・。
この子供たちが、羨ましいような・・・。
そんな気持ちに、陥っているのだった・・・。

レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語スペシャル・エディション
ジム・キャリー レモニー・スニケット ブラッド・シルバーリング ジュード・ロウ エミリー・ブラウニング リアム・エイケン

角川エンタテインメント
2005-09-16
売り上げランキング 25

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


おすすめ度 

本当に不幸せなのは、子供たち??
スポンサーサイト

テーマ : 今日のレンタルDVD/ビデオ - ジャンル : 映画

コメント

お久しぶりです。

なんとか・・・。クレア・・・思春期にはいりました。(^^ゞでも、もう、全然、「アクション」覚えないので・・・。詰まりません(_ _*)

うさこさん。

ジム・キャリーの、伯爵役、面白かったですね~~。
でも、「マスク2」に、出てほしかったけど・・・。DVDの、解説コメントが、可笑しかったです・・・。(^_^)
ジュード・ロウのナレーションも、まあいいかも?!(^_^;)でも、最後に、両親の手紙を、受け取れて、よかったね~~♪あ!ネタバレしちゃったよ~~(><;)

お久しぶりです。クレアちゃんがいつの間にか思春期ですね。カラフルで楽しそうです。

この映画も、ジム・キャリーのキャラは強烈でした~(≧∇≦)ブハハハ!
でも、やっぱり最後は泣かされました~(T-T )( T-T)ウルウル
今は、親の愛情を信じることができずに、しかも、自分の親の牙にかかって、
生まれてきた意味もわからないまま、幼い一生を閉じる子がいる時代です。
姿はなくても、親の愛情を胸いっぱいに抱いていられるこの子達は、
とっても幸せだと思います(*^^*)

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


映画(世にも不幸せな物語)
昨日初日で観た映画、ボードレール家のヴァイオレット(エミリー・ブラウニング)、クラウス(リアム・エイケン)、サニー(カラ&シェルビー・ホフマン)のファンタジー児童文学「世にも不幸なできごと」シリーズの映画化だ。そういう意味では「ハリーポッター」の2番煎じと思わ
2005/09/27 13:22 | 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~ |

 | ホーム | 



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。