上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タイトル
「ブラザー・グリム」
見た日にち
11月23日
映画館

監督:テリー・ギリアム

出演者:マット・デイモン ヒース・レジャー モニカ・ベルッチ
    レナ・ヘディ ピーター・ストーメア

公式サイト:「ブラザー・グリム
a_1024.jpg

(あらすじ&感想)

妹が、瀕死の病にかかって、牛を売りにいった、ジェイコブ・グリムは、「魔法の豆」を、持ち帰えり、兄ウイルに殴られた・・・。
それから、15年後・・・。
19世紀ドイツの村で、少女たちが、森で、次々と、行方不明になる事件がおきる。

ブラザー・グリムは、仲間と詐欺をやっていたのだが・・・。それが、バレて、「死刑」を、宣告される・・・。そして、その罰を受けないために、この、難事件を、解決することになったのだが・・・。

あの、「グリム童話」に出てくる、主人公たちが、この物語には、出てきて、「童話ファン」の私には、とっても、興味深かった・・・。
何より、グリム兄弟が、「詐欺師」という設定は、「グリムファン」には、ちょっと、ムカツクことではあるけれど・・・。
でも、まあ、「終わりよければ、すべてよし!」ということで、大目に、見て差し上げましょう・・・。

CGは、とっても、よくできていると思う。狼から、男に変身するところも、昔の「狼男」の映像より簡単だし・・・。
「ランプツエル」の塔のような、入り口のない高い塔や、馬が人を飲み込むシーンなど・・・。なかなか、楽しめた。

ガヴァルディが、なんで、あの鎧を、着ているのか・・・。
ジェイコブの本を焼かれてしまって、後の「物語」が、書けるのか?!などと・・・。疑問や心配も、この物語を、見終われば、すっきりとする・・・。

で・・・。すっきりとしないのは・・・。
モニカ・ベルッチって、なんで、こんなに、若くて美しいの?!
1964年生まれだよね~~。
1976年生まれのレナ・ヘディよりも、「皺」がないの~?!って・・・。疑問だけは、残ってしまうのだった・・・。(汗
 
スポンサーサイト

コメント

>松本さん。
わ~~♪やっぱり、「水泳」ですか~。(^_^)
実は、私も、昔、しばらく、ホテルのプールスクールに通ってましたけど・・・。「水泳」は、「肺活量」も増えるし、「握力」や、「筋力」もつくし、体全体を、使って運動するから、「肩こり・腰痛」も治ってたんですよ。
そうなんですか~。「顔の皺」にも、効くのですね~。う~~。また、やりたいけど・・・。医者に止められてるので・・・。(/_;)グスン・・・。
お風呂で、顔だけでも、つけて「皺」伸ばそうかな?!(;≧w≦)フフフ・・・。

ずばり!

 水泳です^^
 自分も毎日泳いでますが、若さを保つ秘訣はこれしかないですね☆
 顔の筋肉の運動にもなるんですよ♪

すみません。管理人、ちょっと、怠慢でして・・・。(^^ゞ

>松本さん
そうなんですか~。
モニカ・ベルッチさん、日本の「吉永小百合さん」と、同じですか~。(^^ゞ
それにしても・・・。41歳で、若い女王の役ですから・・・。本当に、若くて、綺麗で、びっくりしました~。(^^ゞ
皺が全然ないのだもの・・・。どうやったら、そんなに、美しくしていられるのかな~。

警視庁から俳優への転身~乾坤一擲で頂点を目指す

 モニカ・ベルッチさんは日々体調管理に気を使ってますからね~
 「ハリウッドの吉永さゆり」さんみたいなものです☆

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム | 



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。