上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミュンヘン

アカデミー賞監督賞ノミネート
DSCF0168.jpg


タイトル:「ミュンヘン」
見た日にち3月1日
映画館

監督:スティーブン・スピルバーグ
出演:アヴナー・・・エリック・バナ
スティーヴ・・・ダニエル・クレイグ
カール・・・キアラン・ハインズ
ロバート・・・マチュー・カソヴィッツ
ハンス・・・ハンス・ジシュラー
エフライム・・・ジェフリー・ラッシュ

■「ミュンヘン」公式サイト

<私は正しいのか?>

(あらすじ)
1972年9月5日、ミュンヘン・オリンピックで、11人のアスリートが、殺された。。。

パレスチナ・ゲリラ「ブラック・セプテンバー(黒い九月)」によるイスラエル選手襲撃事件だった。
これに端を発して、イスラエルの機密情報機関「モサド」は、暗殺チームを、結成して、アラブbの、テロリスト11人を、密かに、葬り去ろうとした。。。

暗殺計画の実行犯に選ばれたのは、たったの5人。。。

暗殺チームのリーダー:アヴナー・・・エリック・バナ
車輌のスペシャリスト:スティーヴ・・・ダニエル・クレイグ
後始末のスペシャリスト:カール・・・キアラン・ハインズ
爆弾のスペシャリスト:ロバート・・・マチュー・カソヴィッツ
文書のスペシャリスト:ハンス・・・ハンス・ジシュラー

しかし、この5人は、11人のうちの6人を、仕留めていく・・・。
だが・・・。
こうした、暗殺を、繰り返すうちに、仲間は、減っていき、自分も、やがて、暗殺されるのではないか??
そんな気持ちに、アヴナーは、追い詰められていく・・・。
そして、最後には、ベットで寝ることもできず、クローゼットの中で、まんじりともせずに、夜を迎えるようになるのだ・・・。

■ベットで眠れない:ベットに寝たとたん、「爆弾」が、爆発するように仕掛けた・・・。

■電話を、スケルトンにしてしまう:電話の受話器を、とったとたんに、受話器が、爆発するように仕掛けた・・・。

■TVを、バラす:TVに、着火装置を、仕掛けて、火事を起こした・・・。

そんな、過去の自らの行為が、「脅迫観念」として、迫ってくる・・・。

しかも、アラブ人と一緒に、宿をともにしたとき、彼らの一人と話をした、アヴナーは、彼らの目的も、自分たちの目的も、同じだということに気がつく。。。
だが、このアラブ人も、やがて、アヴナーは、手にかけなくては、いけなくなるのだった・・・。

愛するものを守りたい。。。自分の国がほしい!!
そんな思いが、彼らを、テロへ、そして、暗殺へと、追いやっていく・・・。

子供が生まれたアヴナーは、妻をアメリカへと、移す。
イスラエルを離れたくないという妻に、「君が祖国だ!」と妻に告げるアヴナー。

イスラエルを、後にして、アメリカで、暮らし始めたアヴナー。
だが、そこでも、自分を誰かが、狙っているのではないかと、落ち着かない・・・。
ついには、大使館に、乗り込んで、「妻と子供には、手を出すな!」と、叫んでしまう。
モサドから、エフライムが、やってきて、心配するなといわれ、そして、もう一度、「モサド」に、戻るように、要請されるけど、アヴナーは、拒絶する。

見た後に、重苦しい気持ちが残る映画だった・・・。
どうして、世界は、オリンピックのテロを、許してしまったのだろう??
なぜ、あの時、1972年オリンピックは、そのまま、続行されたのだろう?? 

そんな疑問が、残ってしまった・・・。

テロは、テロしか生まない・・・。
なのに、それは、憎しみの連鎖となって、今も、続いている・・・。 
スポンサーサイト

コメント

本当に・・・。
あれからも、まだまだ、テロは、続いていますよね。。。汗
なんとか、ならないのかとおもいますが・・・。宗教戦争というものは、相手の宗教を、抹殺するまで、果てしなく、続くようで、怖いです。
人と人とが、人格とか、人間性とかで、判断される世の中で、あってほしいですが。。。

観たのでTBさせていただきます!
実話の重みってのがありますよね。
そして、世界は何も変わっていない・・・

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


映画「ミュンヘン」
原題:MUNICH1972年9月5日、ミュンヘンオリンピックでのパレスチナゲリラ"ブラック・セプテンバー"による人質事件、そして報復の暗殺の物語が綴られる・・。 この映画、事件の関係者のコメントに基づいて創られたという。パレスチナゲリラの獄中のメンバ
2006/03/12 00:59 | 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~ |

 | ホーム | 



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。