上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セブンソード

タイトル
「セブンソード」
見た日にち
3月日
DVD

監督:ツイ・ハーク
出演者レオン・ライ   ドニー・イェン  ラウ・カーリョン

(あらすじ)
1660年、皇帝による、「禁武令」によって、賞金稼ぎ「風火連城」たちが、武術の心得のあるものを惨殺し、賞金を、あら稼ぎしていた。
そんな物騒な世の中で、ある小さな村も、賞金稼ぎの餌食になろうとしていた。
明王朝時代に、「処刑人」をしていた、傅青主(ラウ・カーリョン)は、良心の呵責から、彼らの蛮行を、止めようとして、怪我を負い、武荘で、手当てを、受けた。
しかし、彼の過去を知る村人は、彼がいることで「風火連城」が、来ることを恐れ、追い出そうとする。
武荘の住人、武元英(チャーリー・ヤン)と韓志邦(ルー・イー)は、ひそかに、傅青主を、助けて、村を出て、彼の言いつけどおり、「天山」に、到着する。
そこで、そこで隠遁生活を送る晦明大師(マー・ジンウー)に、あって、「天山」にいる「武芸の達人たち」の力を、借りることになった。
楚昭南(ドニー・イェン)、楊雲驄(レオン・ライ)、穆郎(ダンカン・チョウ)、辛龍子(ダイ・リーウー)の4人と、傅青主と武元と韓志邦を、あわせて、7人が、それぞれの「剣」「セブンソード」を、帯刀して、「風火連城」の一団と、戦うことになるのだった。。。

(感想)
ストーリー的には、「七人の侍」のような。。。「荒野の7人」のような。。。「パクリ??」って、思うのだけど。。。

でも、アクションは、流石です!
とっても、迫力あって、残酷で、怖いです!
でも、どうやって、壁を歩くのとか??
そんなに、なぜ、跳躍できるの??とか、
雪崩にあっても、死なないの??とか。。。
疑問は、いっぱいでも、アクションで、帳消しです。。。
まあ、いいじゃないですか!
アクションさえよければ!!
楽しいもの~~♪
というわけで、これは、映画館か、大迫力画面で、ど~~んと、見たかったですね~。
お気に入りは、なんといっても、壁歩きの戦闘シーンです!!

セブンソード 特別版 (初回限定豪華BOX仕様)
セブンソード 特別版 (初回限定豪華BOX仕様)レオン・ライ ツイ・ハーク ドニー・イェン

ワーナー・ホーム・ビデオ 2006-02-03
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
スポンサーサイト

コメント

きょうジェリー・

きょうジェリー・ルイスが昭南へ怪我しないです。
あわせてソードがアクションが戦闘されたみたい…
あわせて昭南へソードは火は手当てするつもりだった。

初めまして。玲花というものです。最近アジアの映画はアクションが豪華ですよね…。「セブンソード」は結局映画雑誌でストーリーを読んだだけで終わってしまいましたが、私アクション映画好きなんでDVDで見てみようかと思います。
あと、私も映画大好きなんで、メロダチ申請させていただきました。映画の感想書いてあるブログを見るのが好きなんです~。もしよければよろしくお願いします♪

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム | 



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。