上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本沈没

NEC_0391.jpg


タイトル
日本沈没

見た日にち
7月15日

映画館

◆公式サイト・・・bnr_nc06s.jpg

監督:樋口真嗣

出演者:草剪剛 柴咲コウ 及川光博 福田麻由子 吉田日出子 柄本明 石坂浩二 豊川悦司 大地真央

原作:小松左京

<いのちよりも大切な人がいる>

(あらすじ)
小野寺俊夫(草剪)は、火災現場で、幼い少女を見かけて、救おうとするが、自分自身も、火の中にあって、少女に届かない・・・。
そこへ、ハイパーレスキュー隊の阿部玲子(柴咲)が、ヘリコプターに乗って、現われ、その少女・倉木美咲(福田)を、助ける。

こうして、小野寺と玲子は、出会ったのだった。。。

小野寺は、潜水艇(わだつみ6500)のパイロットだった。
彼は、地球学博士・田所雄介(豊川)のもとで、同僚の結城(及川)とともに、「深海調査」を、していた。

数日後、玲子は、小野寺に、ジャンパーを、返しにやってきた。。。
こうして、二人は、惹かれあうようになっていった・・・。

火災の現場にいた、美咲は、両親を亡くし、玲子が、引き取っていた。

田所教授の研究によって、日本の海底のプレートが、剥がれ落ちて、やがて日本列島が、1年後に、沈没するという、驚愕の事実が、データから、明らかになっていった・・・。
しかし、田所教授の説を、ほかの学者も、政府の要人も、耳を、貸そうとはしない。
ただ、内閣総理大臣の日本尚之(石坂)だけは、この事態を、重く受け止めて、危機管理責任者に、鷹森沙織(大地)を、起用して、ことにあたるように促す。
鷹森は、田所の元妻だった。

日本尚之は、もしもの場合に備えて、日本人を少しでも多く、受け入れてくれるように、あらゆる国に、依頼し、そして、自ら、中国に赴いて、飛行機に乗り込むのだった・・・。

だが、その直後に、悲劇が起きる。
北海道から、九州から、次々を、地殻変動が、起きていくのだった・・・。そして、日本尚之も、また、阿蘇の噴火によって、還らぬ人となった。。。

日本全国に、非常事態が宣言され、まさに、未曾有の危機に陥っていくのだった・・・。
こうして、鷹森が、日本尚之亡き後、けなげにも、日本人の避難所を、確保すべく、働きかけ・・・。
そして、田所に、相談にいって、「プレートの切り離しチーム」を、世界中から、船舶を集めて、立ち上げるのだった・・・。

そのころ、小野寺には、イギリスのチームから、オファーがあったのだが。。。
玲子に、一緒に来てほしいというと、彼女は、「私一人だけで、幸せになれない!」と、拒絶されてしまう。
同僚の結城もまた、田所教授のチームに、入って、日本列島の沈没を阻止しようと、「潜水艇」に乗り込むのだった・・・。
「命より大切な人」のために・・・。

だが、結城は、プロジェクトの半ばで、事故にあい、還らぬ人になってしまう。しかも、「潜水艇」も、海に沈み、この、プロジェクトは、おしまいかと、思われたのだった・・・。

そんなとき、小野寺は、ある決意を胸に、玲子に会いに行く・・・。
彼の決意とはいったいなんだったのか??
このまま、日本は、海に中に、沈没してしまうのか??

NEC_0392.jpg

(感想)
最初に、日本の四季折々の美しい姿が、映し出されていく。。。
それは、私たち映画を見ているものへの、「日本回帰」ともいう、美しいシーンだ。
それが、一瞬にして、「地震の火災現場」にかわる。
それは、まさに、「神戸の震災」を、思い出させるようなそういうシーンだ・・・。
あの惨劇は、二度と、いやだと、震災にあわれた方なら、思い出されるだろう。
私は、あのとき、神戸ではなく、四国にいた。
明け方の異様な地響きに、ベットから、飛び上がりそうになりながら、おきて、TVをつけた。
TVから、震災の様子が、映し出され、あまりの惨劇に言葉を失った記憶がある。。。

そう、あのシーンの、何倍もの、威力で、日本列島が、海に飲み込まれていくのだ・・・。
私のふるさとが、消えていく!
そう思うだけで、涙が止まらないような。。。絶望感に襲われる・・・。
「映像」のマッジック!
人々が、建物が、自然が、歴史が、跡形もなく、消えていくことへの「恐怖」。。。
これは、アメリカ映画の「デイ・アフター・トウモロー」よりも、日本人である、自分には、心に実感として、訴えてくる。

隣で、女の子が、「私の実家のちかくじゃないの・・・。やめてよ!」と、つぶやく声が、そう。。。リアルな、映像に、反応した結果だろう・・・。

映画を、見てる間中、本当に、日本が、消えてなくなりそうな・・・そんな不安感に、陥るほど・・・。
迫力のある映像だったと思う。

娯楽映画というより、「日本人」であることを、改めて、感じさせられた。そんな映画だった。。。
  
スポンサーサイト

コメント

 こわらさん。

この映画、特撮が、凄いです。。。本当に、怖いです。
でも、草薙&柴咲の愛も、すがすがしいというか。。。いい感じですよ~♪(^_^)


>日本沈没の映画を勝手に再現した夢
これは、もう~。映画見ないと、いけないって、「お告げ」??でしょうか??(;^。^)どうなんでしょうね~~。汗
週末いけるといいですねv-290

こんにちわ。
’日本沈没’すごく観たいんです☆
silverさんはもう観て来られたんですね♪いいなぁ。

昨日の朝,日本沈没の映画を勝手に再現した夢(沈没するところじゃないですけど)を観て(しかも草剪くんが出てきた!)こりゃ行くしかない!と思っていたんです。

silverさんの感想を観て,さらに観に行きたくなりました☆今週末行けるといいな。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム | 



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。