上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

王の男

タイトル:王の男

見た日にち6月14日
DVD
監督:イ・ジュンイク
出演者:カム・ウソン イ・ジュンギ

(あらすじ)


(感想)
最初は、笑い。。。
でも、見れば見るほど、悲しい・・・。

王の心は、病んでいるし・・・。
王の周りの者たちは、陰謀をめぐらせているし・・・。
宮廷に、入ったがために、芸人たちの運命が、狂っていくさまも、悲しい。。。
最後のシーンが、宙に浮いていて。。。
そこから、着地しても、待っているのは、死しかないということのようだ。。。
反乱軍が、宮廷を取り囲み、やがて、王も、また、反乱軍の手に、かかるのだろう。。。
なんとも、やりきれない、最後だ・・・。

王の男 コレクターズ・エディション (初回限定生産)
王の男 コレクターズ・エディション (初回限定生産)カム・ウソン イ・ジュンイク イ・ジュンギ

おすすめ平均
stars貴重な親日国も大切に
stars人間と人間の絆を考えさせられます。傑作です。
starsイ・ジュンギの美しさ、それが全て。
stars引き裂かれた絆の物語
stars観れば観るほど…

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


映画「王の男」
英題:The King And The Clown燕山君(ヨンサングン)という暴君な16世紀初頭の実在の王と、一座を逃げ出して漢陽の都にやってきた旅芸人というフィクション設定の、哀しみの愛憎物語 旅芸人一座で幼馴染の花形チャンセン(カム・ウソン)と女形のコンギル(イ・ジュンギ)
2007/07/21 01:12 | 茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~ |

 | ホーム | 



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。