上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タイトル:ハリーポッターと、不死鳥の騎士団
観た日にち:7月21日
映画館:
公式サイト:ハリーポッターと、不死鳥の騎士団


夕方から、「ハリーポッターと不死鳥の騎士団」を、見に行ってきた。

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団
サントラ

WARNER MUSIC JAPAN(WP)(M) 2007-07-18
売り上げランキング : 1173

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


内容は・・・。

例によって、あの、「名前を言ってはいけないあの方」と、「ハリー」の「絆」。。。
「あの方」が、何を、探しているのかが、明らかになっていくのだけど。。。
そのせいで、また、ハリーは、「大切な人」を、失ってしまう。。。

でも、ハリーは、「友情」「愛情」「家族」そういったものが、自分を、支えてくれていること、そして、「友情」や、「愛情」の大切さを、改めて、気づいたのかもしれない。。。

ハリーの精神的成長が、語られているようだ。
そして、それは、人が、成長していくときに、何かを、犠牲にしていることをも、知らしめているようだ。

それが、前回は、「友人」であり、今回は、「庇護者」・・・。

人が成長していくときに、乗り越えなければならないもの・・・。
それは、「親」という、「壁」だったり、「友」という、「宿敵」だったりする。。。

そうした、人とのかかわりを、乗り越えて、人は、強くなっていく。。。

「失恋」といったことも、人の精神を、強くしていく、ものなのかもしれない。。。

「ハリーポッター」の物語を、読んでいくときに、ハリーを、通して、子供たちは、「人生」を、学んでいるのかもしれない。。。

人は、「前向きに」生きていかなければ、ならないことを。。。

どんなに、悪いことが、自分の身に、ふりかかってきても、自分に、「幸せ」な思い出が、あれば、その、「悪いこと」から、自分を、守ることができる。それが、「守護霊」に、なってくれる・・・。

「幸せな思い出」=「愛情」なのかもしれない。。。
両親の温かい愛情に、見守られている限り、そして、その愛情を、疑わない限り、ハリーは、決して、「あの人」に、負けない!!
そう思う・・・。

でも。。。
それでも。。。
すっきりとしない、終わり方に、また、次回作で、この、モヤモヤを、といてもらわないと、困る!!って、思うんだけど。。。

う~ん。。。いつになったら、「最終回」??って、ついつい、「好奇心」から、観ちゃう、私がいるのだった。。。^^;

それにしても、ハリー、大人っぽくなっちゃったなぁ~。
とか・・・。
自分の年を、思い知らされるのでした。。。

迫力とか、前作のほうが、よかったなぁ~。とか、思いながら。。。帰宅中・・・夜風が、「肌寒かった」。。。



スポンサーサイト

テーマ : ハリーポッターと不死鳥の騎士団 - ジャンル : 映画

コメント

早い!

もう観てきたんですか、いいなぁ~
あたしは大分先になりそうです、本を読んでガマンしてるとこ
大切なあの人を失ってハリーの悲しみをダニエルがどんな風に演じているかな、とか
細かい所はやっぱり省かれてるやろなとか、色んな事考えてます
夜風にうたれて風邪など引かないようにね。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム | 



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。