上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ray

タイトル
RAY
日付 4月27日


出演者 ジェレミー・フォックス

(感想 )
レイ・チャールズの伝記
南部の貧しい家庭に生まれた、レイは、7歳で失明してしまう。レイは、弟を、事故で亡くし、その「トラウマ」に、長く、悩まされることになる。
レイの母は、「強く・たくましい女性」で、7歳の失明したレイを、なんとか、「自立」させようと、厳しく、躾ける。そのおかげで、レイは、杖もなくても、歩けるし、音を、聞いて、目の代わりとするようになる。母親の、この愛情には、頭が下がる思いがした。
なんでも、やってやるのではなく、彼が、自分で、起き上がって、歩けるようになるまで見守っている態度に、感動すら覚えた。

一方、レイの育った南部では、「黒人」を、「隔離」する習慣が、まだ、残っていて、バスでも、「黒人席」があったり、コンサート会場に、黒人が、入れなかったりと、「差別」が、続いていた。そのせいで、レイのコンサートを、見れない黒人たちのために、コンサートを、中止してしまう。
だが、これによって、レイは、長く、ジョージア州で、コンサートを、開けないことになる。1979年、ジョージア州は、やっと、この処分を取り消した。つい最近まで、こういうことが、行われていた自体信じられないけど・・・。まあ、アメリカらしいといえば、納得できるかもね。
レイは、時代にあった曲を、作り続けている。
だが、その反面、彼にも、『心の闇』の部分が、あって、彼は、「ヘロイン」に手を出し、バンドの女性との、浮気を繰り返す。
ヘロインの常用を、妻に、責められて、「盲人の気持ちは、誰にも分からない!」と、言い放つ。だが、だからといって、「薬」に頼っていていいはずがない!
レイは、「ヘロイン」を、やめ、再起を果たし、たくさんの、すばらしい曲を残した。
この映画の公開を、待たず、2004年に、他界した、レイに、哀悼の意を表したい。
尚、この、レイの役を演じた、ジェレイミー・フォックスは、この役で、「アカデミー賞」を、貰っている。

メモ 「RAY」の公式サイト


Ray / レイ
ジェイミー・フォックス テイラー・ハックフォード ケリー・ワシントン レジーナ・キング ジェームズ・L・ホワイト

ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン
2005-06-10
売り上げランキング 87

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


おすすめ度 

スポンサーサイト

コメント

ryuさん。

本当に、この映画、よかったよね~。
音楽も最高でした♪

映画通の人からみたら、私なんてあまり映画を観ていないから、大きなこといえないけど・・私が今年見た映画の中で好きな映画の1つです。一人の人間の苦しみをよくあらわしていたし、そこから生まれた音楽が素晴らしかった。

こんばんは、TB、コメントありがとうございました。
自由の国アメリカで成功を掴んだレイ・チャールズの半生がこれほど感動する物語になるとは思いませんでした。
音楽共々最高の映画でしたね。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


レイ
監督 テイラー・ハックフォード原題 Ray レイ・チャールズー音楽、恋、そして人生。彼は、生きること全てにおいて<天才>だった。 2004年6月に亡くなったレイ・チャールズの半生を描いた映画。アカデミー賞主演男優賞を受賞したジェイミー・フォックスの演技はすごか
2005/07/30 22:18 | ryuの映画感想 |

Ray/レイ
今週末はまたDVD三昧。その中で一番心に残ったのがRay/レイだった。レイ・チャールズの自伝的映画で子供のときの話ではじまる。レイのことは映画「ブルース・ブラザース」(何度観ても飽きない)で楽器店のオーナーをやっていたこととサングラスでちょっと上を向き.
2005/06/06 01:02 | 右から2番目の星 |

Ray/レイ
『Ray』 アメリカ/2004監督:テイラー・ハックフォード出演:ジェイミー・フォックス ケリー・ワシントン クリフトン・パウエル    ハリー・レニックス アーンジャニュー・エリス リチャード・シフ 受賞:アカデミー賞/主演男優賞・音響賞(2004) 他多数受賞「
2005/06/05 22:24 | MOVIE SHUFFLE |

 | ホーム | 



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。