上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タイトル
「スクール・オブ・ロック」
日時
6月15日

出演:ジャック・ブラック リチャード・リンクレイター

(あらすじ&感想)
昔のロック仲間の友人と、おき楽に、同居していたデューイ。友人のシューニーブリーに、彼女ができたことから、「部屋代」を、払わないのなら出て行くように、彼女にいわれてしまう。しかも、バンドの仲間からは、「お前は、いらない!!」と、バンドを、追い出されてしまう。
そんな時、お堅い、有名私立小学校から、臨時教員の採用要請が、友人シューニーブリーに電話できた。何でも、急なことなので、すぐ来てくれということなのだけど・・・。破格の給与に、目がくらみ、なんと、友人に、化けて、教師になってしまった。そこで、たまたま、音楽の時間に、耳にした、子供たちの「天才的」音楽センスに、目をつけて、「ロックバンド」を、編成することになった・・・。

おいおい、そこまでして、いいのかな?!
「学歴詐称」・・・サギじゃない?!
「友人に成り代わり?」・・・サギだよ~~。
「学業放棄」・・・これって、仕事してないじゃない!!
「ロックバンドの編成?!」・・・そりゃ~~やりすぎだってば~~!!
しかも、子供を騙してない?!・・・やっぱり、「詐欺罪!!」

なんだか、「物騒」な映画のようですけど・・・。
でも、ちゃんと、子供たちとも、コミュニケーションとれてるの。
だってね。最後に、子供たちは、「自らの意思」で、「ロックコンサート」に、出場するのだもの!!これって、凄くない?!
子供って、ものすごい、エネルギーと、未知なる能力を秘めている、いわば、「磨かれていない宝石」なの。
親たちは、その「宝石」を、磨こうともしないで、「金庫」に、入れてしまってしまう。いくら、「宝石」でも、磨かなければ、光らない。才能も、腐れてしまう。
子供たちの才能を、ちゃんと、見抜いて、それぞれの方向性を、示してあげてるのよ。そういう点では、彼は、「詐欺師」ではなく「教師」って、言えるのではないのかな?!
でも、これって、「映画」の中だから、許されるのよね~~。
実際、こんなことやったら、親からは、袋叩きで、警察に捕まるし、マスコミから、追っかけられます!!
でも、映画として、楽しむのは、いいよね♪
ロック好きには、音楽も楽しめます♪

「スクール・オブ・ロック」に関するHPを、見つけました♪
興味がある方は、是非、覗いて見てください。
出演者のその後の記事などあって、興味深いです。


スクール・オブ・ロック スペシャル・コレクターズ・エディション
ジャック・ブラック リチャード・リンクレイター ジョーン・キューザック マイク・ホワイト サラ・シルヴァーマン

パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン
2004-09-17
売り上げランキング 771

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


おすすめ度 

ここまでやっていいのかな?!
友達のところを、追い出されそうになったからって・・・。
臨時教員に成りすまし・・・。
生徒を、ロッカーにしてしまって・・・。
でもまあ、映画だから、なんでもありだよね!(*^_^*)
 
スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム | 



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。