上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タイトル
「ルビー&カンタン」
見た日にち
6月22日

監督:フランシス・ヴェベール


出演者:ジャン・レノ、 ジェラール・ドパルデュー、 レオノラ・ヴァレラ



(あらすじ)
銀行強盗(?!)未遂の罪で、ムショ送りになった、カンタンさん。彼は、誰彼となく、コンタクトを、とろうとするものだから・・・。同室の囚人に、話しかけて、いつも、けんかになってしまう。そこで、刑務所の所長は、「精神病院」に送ろうとするのだけど・・・。精神科の医者に、「精神が、異常でなのではなく、あれは、『アホ』です。『アホ』は、精神病院では、引き受けません!!」と、拒否されてしまう。
そこへ、恋人を殺され、復讐に、燃える男、2000万ユーロ盗んだ、ルビーが、収監されるのだが・・・。彼は、「無言の行」を、続けている。所長は、ルビーに、話をさせるべく、カンタンを、同室に、送り込んだ。でも、カンタンさんの言葉に、反応しないルビーを、何を間違ったのか、カンタンさん。「親友」と、勝手に決め込んでしまい、ルビーを、連れて、脱獄したから、さあ~~大変!!

(感想)
無口で、昔気質な男の魅力たっぷりのジャン・レノ。対するは、フランスで、もっとも、人気のある俳優ジェラール・ドパルデューの競演・・・。
日本人には、ジャン・レノのほうが、お好みなのかもしれないけど・・・。フランスでは、ジェラール・ドパルデューは、「セクシーだ」と、いわれていると、聞いたことがある。
そういえば、大昔に、「アラン・ドロン」と、「ジャン・ポール・ベルモント」が、競演したら、日本人は、アラン・ドロン派が、多数だったけど、フランスでは、ジャン・ポール・ベルモントのほうが、好まれていたような・・・。
私は、ジャン・レノのファンでは、ないけど、彼の映画の中の役どころは、なんとなく、「武士道」的で、好きだ。
けれど、私には、「ラテン」の血が、流れているのか?!
ジェラール・ドパルデューの魅力に、ハマりそうだ・・・。
なんといっても、瞳が、かわいい!!確かに、見た目は、「オデブの中年」(いいすぎたら、ごめんね!)にしか見えないかもしれないけど、小さな瞳が、とっても、キュートで、セクシーだ!!確かに、フランスで、人気があるはずだと、この映画を見て、実感した。
それにしても、「アホ」で、「タフ」な役には、彼は、ぴったりハマっていて、ジャン・レノすら、喰われそうだ・・・。




ルビー&カンタン

ハピネット・ピクチャーズ
2005-07-16
売り上げランキング 37,071

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


おすすめ度 

「アホ」と、精神科の医者に折り紙をつけられた、盗人カンタンさんと、一匹狼の殺し屋ルビーが、一緒に、脱獄してしまって・・・。さあ~~大変!!
周りを、巻き込んでの、コメディーに、クスクス笑いの止まらない、「おフランス流」ウエットの聞いた、お話です。
「人を殺しては、いけないよ!」と殺し屋ルビーにいう、カンタンの言葉が、なんとも・・・。

スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


【DVD】ルビー&カンタン
私は映画館でもDVDでもよく映画を観ます。時間が許す限り、中毒かというぐらいよく観ます。でもそんなにすっごくオススメ!最高だった!ってのは少ないですね。その少ない中の一つ。「ルビー&カンタン」ジャン・レノ&ジェパール・ドパルデュー、二人の大物俳優が、こん
2005/07/20 14:29 | 安々@コスメ! |

 | ホーム | 



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。