上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タイトル
「トスカーナの休日」・・・★★★☆
見た日にち
2004年
映画館

監督:オードリー・ウエルズ
原作:フランシス・メイズ
脚本:オードリー・ウエルズ
出演:ダイアン・レイン、サンドラ・オー、リンゼイ・ダンカン、ラウル・ボーヴァ、ヴィンセント・リオッタ

トスカーナの休日公式サイト

<あらすじ>
女性作家、フランシス・メイズ(ダイアン・レイン)は、友達の作家の新作発表パーティーで、以前酷評した、作家から、夫の浮気を匂わされる。
案の定、夫は、浮気をしており、『離婚』に、なるのだが、家計を支えていたのが、フランシスだったために、浮気をされて、『離婚』になった上に、生活費の一時払いまで、要求される。しかも、家は、夫婦の共有財産であるために、財産請求までされてしまうのだ!!
彼女を、気遣った、女友達は、彼女に「トスカーナへの休日ツアー切符」を、くれた。もともとは、ゲイの彼女の恋人(=女)と、一緒に旅行するはずだったのだが、『人工授精』で、妊娠して、いけなくなったのだ。
心を癒す旅に、フランシスは、トスカーナを、訪れることに・・・。そこで、彼女は、一軒の古びた家を、衝動買いしてしまう。そして、イタリアに移住し、古びた家を、修復していくことに・・・。

≪感想≫
古びた家を修復すること!それは、彼女自身の、傷ついた心を再生していく、作業でもあったのかもしれない。
家を、仲介した男性に、フランシスは、泣きながら、言う。「こんな、3つも寝室がある、大きな家に、一人で、暮らすなんて!でも、懲りないと、おもわれるかもしれないけど、私は、この家で、結婚式を、挙げたいの!ここで、もう一度、家族を持ちたいの!」
古い家を、丁寧に、修復していくこと、それは、彼女の傷ついたこころを、癒していく作業でもあった。
彼女は、偶然知り合った、イタリア男マルチェロと、恋に落ちてしまう。「夫の浮気」で離婚した女性は、自分に自信がもてなくなるのだろうか??フランシスは、マルチェロと一夜をともにして、帰ってきて、「わたしも、まだ、いける!」といったようなことを、口にして、上機嫌になっていた。マルチェロとの、デートに出かける日、身重の友達が、アメリカからやって来て、二人のデートは流れ、結局、マルチェロとの恋は終わる。
だが、落ち込んでいる時に、家の修復作業を、していた、ポーランド人の若い青年と近所のイタリア人の少女が、恋に落ちて、結婚をしたいと、悩んでいた。フランシスは、二人の仲を親に認めてもらいに、少女の両親と、談判を、するのだが、その時に、父親が、「親兄弟も家族もいないポーランド人と、うちの娘と、結婚させるわけにはいかん!!」と、言うのだが、フランシスは、ポーランド人の青年を、抱き寄せ、「私がいるわ!私が、彼の家族よ!!」というのだった。
こうして、目出度く、若い二人の結婚式が、トスカーナの家で、行われる。
この家の仲介を、してくれた男は、若い二人の結婚式を、見ながら、フランシスに、「あなたの夢は、叶いましたね。」と、話しかける。「え?!」と、聞き返すフランシスに、男は、微笑みながら、「結婚式を、ここで、挙げたい!という、望みも、家族を持ちたいという望みも、叶ったでは、ありませんか?!」そういって、若い二人や、赤ん坊を、抱いた女友達を、振り返るのだった。本当に!夢は叶った。自分の結婚式は、挙げられなかったけれど、若い二人の結婚式を、トスカーナの家で、挙げてやることができたのだ。そして、友人や、トスカーナの心温かい人々に囲まれ、また、家の修復作業を手伝ったポーランド人の友達も出来、それが、家族となって、集まってきているのだった。
なんと、心癒される、『映画』だっただろう!!人と、人とが、こんなにも、温かく共存できるとしたら、こんなに、すばらしいことはないのではないか?!
この作品は、「トスカーナの休日」という、原作をもとに、作られている。『原作』は、アメリカで、200万部を、売り上げた、ベストセラーである。
ダイアン・レインのいいところが、この作品に、満載だ!知的で品よく、魅力的な女性を、演じている。また、周りのトスカーナの個性豊かな人々が、実にいい味に、演じられていて、どの役者さんも、魅力的だった。
見終わって、心満たされる、いい映画だといえる。


トスカーナの休日
山路和弘

ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
2004-11-17
売り上げランキング 2,764

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


おすすめ度 

こころが、くじけてしまったときに、見てほしい。
だって、ここは、あなたの心を、再生してくれる場所だから・・・。
彼女と一緒に、心を、再生しましょう。
そして、夢を叶えましょう♪
人のぬくもりが、伝わってくる・・・。そんな映画です♪
 


 
スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム | 



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。