上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タイトル
「ヴァン・ヘルシング」
見た日にち
2004年9月9日
映画館 

監督:スティーブン・ソマーズ
出演:ヒュー・ジャックマン、ケイト・ベッキンセール、リチャード・ロクスバーグ

<あらすじ>×××

<感想>
余りにも、「荒唐無稽」な、物語なので、これは、ストーリーとか、内容にこだわらず、CGを、楽しむための「映画」だと思う。
「ジキル博士とハイド氏」をはじめ、「フランケン・シュタイン」や、「狼男」、「吸血鬼ドラキュラ」が、一緒に出てくるところなどは、まさに、アニメの「怪物くん」の世界だ。
楽しむだけの「映画」に、ストーリーも、内容も、もはや存在しない!
6頭だての馬車が、何十メートルも離れた対岸の崖から、崖へ飛び移るシーンは、まさに、ニッポン国営放送局で、放送されていた人形劇の中で、見たシーンの再現のようだった!「ありえない!!」って、叫んでしまいそうだった!
おまけに、「ヴァン・ヘルシング」は、原作では、60歳くらいの教授のはずなのに・・・。どう見ても30代の健康な青年で、「怪物ハンター」なのだ。
しかも、ドラキュラ伯爵と、旧知の仲!?「ガブリエル」と、ドラキュラ伯は、「ヴァン・ヘルシング」を、呼んでいる!
しかも、400年前に、闘ったことがあるだと?!「私を殺したのは、君だ!(ガブリエル=ヴァン・ヘルシング)神の左」
ということは・・・「ヴァン・ヘルシング」は、いったい、何歳??何者なの??まさか、聖書にでてくる、「天使ガブリエル」ではないでしょうね~~?!
なんだか、考えてると、こんがらがちゃうので、この辺で、考えるのやめて、CGを、楽しんで、ハロウィンの衣装を楽しんで・・・。「映画」終わったら、さっさと、帰ってきちゃいました。

ヴァン・ヘルシング公式サイト

ヴァン・ヘルシング

ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン
2005-09-23
売り上げランキング 3,636

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


おすすめ度 

お勧めできない、荒唐無稽な映画です。でも、CGは、楽しめます。


スポンサーサイト

コメント


コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム | 



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。