上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2004年の映画日記
タイトル
「キング・アーサー」・・・★★★
見た日にち
2004年
映画館

メモ:「キング・アーサー」公式サイト


監督:アントワン・フークワ
出演:クライブ・オーウェン/キーラ・ナイトレイ /ヨアン・グリフィズ
2004年アメリカ 2時間10分

<あらすじ>

415年、イギリスが、まだ、ブリテンと、呼ばれていた時代のことである。戦乱の続く、ブリテンに、ローマ軍の司令官アーサーは、侵略者に包囲されたローマ人一家の救出の使命を受ける。彼は無敵を誇る“円卓の騎士”と共に、出陣し、そこで、無実の罪でとらわれていた、グウィネヴィアを、救出する。仲間を失いながらも圧倒的な強さで、アーサーは、任務を遂行していくのだが・・・。


■□■アントン・フーワク監督の思惑は??■□■

「みんなが知ってるスターが主演したら、アーサー王の映画じゃなくて、そのスターの新作映画になっちゃうからね。世界中に優れた俳優はいっぱいいる。そういう俳優たちに出演してもらいたいと思ったんだ」・・・(eiga.comより、抜粋)と、あるように、今回の映画は、監督にとって、深い思い入れが、あったようだ。彼の言い方からすると、「アーサー王」伝説に忠実に、撮るのではなく、その時代にいた人々の、「群集劇」として、とらえたかったようにも、思える。だから、「アーサー王」の役に、ハリウッドのスターではなく、ドイツ、デンマーク、スエーデンの人気俳優をそろえて、ヨーロッパ人で、構成しているようなのだが、監督はもっと、広くローマが、遠征先から、連れ帰ってきた、人種も、出演させたかったらしい。
彼のテーマは、「アーサー王」の伝説ではなく、その時代の人々を、とらえることだったようだ。しかし、この思いが、「映画」を、見ている人に、どれだけ、受け入れられるのだろうか??
「アーサー王」の伝説は、よく知られた、物語りだし、本を読んだ人にとって、「アーサー王」は、「勇者」それ以上なのだから、その創られた、イメージと、比べたら、この、映画のアーサー王のイメージは、物足りなくはないのか??
かえって、「アーサー王」伝説を、読んでない、世代の方が、受け入れやすい「映画」かもしれない。


≪見た感想≫
「キング・アーサー」見てきました!
415年のローマに支配された、ブリテンが、舞台です!
アーサーは、ローマの騎士です。そこに、無敵の騎士が、6人計「7人の騎士」の群像物語です。
評判はよくなかったのですが、私の個人的見解を、言うと、「トロイ」より、好きかも!
監督さんは、敢えて、ハリウッドのスターではなく、ヨーロッパの人気俳優さんを、使っています。それには、監督さんの深い思い入れがあるわけです。
「アーサー王」の伝説は、とても、有名です!でも、これを、読んでいたら、逆に、この映画は、「つまらなく」思えたかも知れません。なぜなら、私達は、余りにも、ハリウッド映画の≪華≫のある、映画に慣れさせられているからです。
ハリウッドなら、CGや、スターを、駆使して、もっと、華やかに、この「アーサー王」の物語を、とらえることが出来たかもしれません。でも、それを、敢えてやらないところが、気に入りました。
この時代、415年という、設定には、ピッタリの映画だと思います。≪土臭く≫やぼったい!そういう映画だからこそ、「監督」の言っていた「7人のサムライ」のごとき、ストーリーが、成り立つように思えるのです。ただ、かなり、ストーリーは、強引なので、これも、監督の性格の表れなのかな?と、思いました。
「ただ面白い」、「華のある映画」ではなく、こういう、≪群像映画≫を、作ることによって、「メッセージ」を、一生懸命、伝えようとしている監督の姿勢は、もっと、評価されても、いいのではないのか?!と、思います。
勿論、「原作」とも言うべき、「アーサー王」を、期待してこの映画を、見たとしたら、かなり、ちがうところもあるので、ガッカリするかも、知れません。
「映画」のどこを、見るかによって、評価というものは、変わってくるでしょう。

キング・アーサー ディレクターズ・カット版
クライヴ・オーウェン アントワン・フークア キーラ・ナイトレイ ヨアン・グリフィズ スティーヴン・ディレイン デイヴィッド・フランゾーニ

ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
2005-01-21
売り上げランキング 780

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


おすすめ度 

アーサー王伝説の原点にかえった作品・・・。中世ではなく、もっと古い時代に、アーサーはいた?!それは、ローマの支配からの「自由」を、得る戦いだった?!

スポンサーサイト

コメント

うさこさん。

「アーサー王」の伝説は、中世に、創られたようで・・・。こっちのほうが、「アーサー王」の伝説のもともとの時代だそうで・・・。(・_・;)
最近、TVでも、フランスに残っているアーサー王の伝説を、取り上げていましたね~。
いろいろ、「アーサー王」の伝説には、物議がありますけど・・・。
でも、この映画も、なかなか、よかったと思います。

これは、ストーリーにはびっくりしました。
私の知っているアーサー王伝説ではありませんでしたから(^^ゞ
でも、騎士たちの姿はかっこよかったです♪
騎乗姿のアーサーが、丘の上でシルエットで浮かびあがってきた時は、
鳥肌が立ちました~!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | ホーム | 



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。