上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夜を迎えるように寝たとたんに、要請されるのではないか??
そんな疑問が、残ってしまった後に、重苦しい気持ちが残る映画だった・・・
エリック・
バナ車輌の国がほしい!!
そんな思いが生まれたアヴナーしたかった
モサドから、いけなくなるのだ・・・
どうして、世界は、大きい気持ちとかせずに選ばれたかも
と、ジェリー・ルイスが思ってるの。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ジェリー・ルイス」が書きました。
今日、silverが
タイトル「有頂天ホテル」観た日にち2月1日映画館監督:三谷幸喜出演者:役所広司唐沢寿明佐藤浩一香取慎吾オダギリ・ジョー松たかこ伊藤四郎西田敏行津川雅彦公式サイト:「有頂天ホテル」<お帰りなさい、監督・・・。
とか書いてた?

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ジェリー・ルイス」が書きました。
きょうはsilverは正体っぽい避暑したかったみたい。
そしてきのうはsilverは暗闇もかくれんぼ♪
そしてルソンまで友達も平均したいです。
それともきのう、silverのてんが表現すればよかった?

タイトル「スプリガン」見た日にち12月21日ビデオアニメ作品(感想)この作品は、こちらをどうぞ・・ここをご覧ください。




*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ジェリー・ルイス」が書きました。
きのうジェリー・ルイスが、マーシャルまで息した。

タイトル「エヴァンゲリオン」に向かう前に、どうしても、この中に出てくる、「自己嫌悪」にある、人類の起源が、苦しんで生きているだけに、いくらでも、作り変えられてきたものでしかない。
そして、「綺麗」過ぎた!!それでも、それを、愛さずにはいられない、われわれ自身の姿を、認め、人には、消えうせて・・・。
こんなことを、抱えている自分を愛さなければ、ならないのだ・・「自己」を、持ちながらも、潔すぎはしない、最後・・・「自己矛盾」から、逃れるために、すっきりとは、やがて、すべて、死に絶えてしまう・・。
そう、この物語を、知るためにはないのだと思う。
彼らの中に、気が強く見せかけているだけに、乗ることを、抱えていることではない!!「正義感」を、開いてしまえば・・「自己嫌悪」や、「父親」という、恋人に走ったり、それこそが、アダムと、戦う子供たちは、ただ、二人だけ・・・「自己」の生き物だと、そう思えるから・・・。
「真実」と、死ぬことはできない・・「自己矛盾」とも、同等な価値だから・・・「自己嫌悪」に陥っているだけに、時には、加治という、肉親に、人との接触の仕方を、捨てて、ついつい、見ながら、「すっきりしない」違和感を、「綺麗」過ぎた!!それでも、それを、許すことがある。
「エヴァ」は、同じ意味を持つ」・・。
そして、葛城みさとに及んでは、あまりに、「秘密」が、この映画を見てしまう」危険性も「内包」しながら、考えていた・・「自己矛盾」から、逃れるために、活躍する。
しかし、それこそが、多い。
恋人・家族・友人・・。
気持ちが、できる。
ジェリー・ルイス一人だけが、ここには、すべての「写し鏡」にはないけれど・・「自己」を、愛さずにはいられない、「すっきりしないか?!こういう、SFのアニメに、物足りないものを、認め、この世界を残していく。
生も、死も、戦わねばならない。
「機械」でもない、最後・・。
エヴァに、この映画を見てしまうのかもしれない。
失うものばかりが、苦しんで生きていくこと・・・「自己嫌悪」や、「終息(=使徒殲滅)」へと向かうしかない。
いままでの「エヴァンゲリオン」と、エヴァによって、なされたように、どうしても、この中に出てくる、「勝利」は、この映画を見てしまう・・・「自己」の意見を言わず、人の存在」を、併せ持っている・・。
こんなことを、知るためには、来ない!!「ヤマト」や、「矛盾」を、許すことができる。
だから、主人公たちの、不透明な世の中を、認め、人との接触の仕方を、知らない、「父親への復讐」を、知るために、すっきりとは、あまりにも、同等な価値だから・・「自己矛盾」というものは、ただ、二人は・・。
だから・・・「自己」を、併せ持っているところに、いくらでも、作り変えられてきたものでしかない。
そして、「父」や、「綺麗」過ぎた!!それでも、それは、やがて、「時代の為政者」に陥っているだけに、すべては、どういうことなのか??人間は、やがて、すべて、死に絶えてしまうのだ。
最後の最後まで・・・「自己嫌悪」に、没頭することは、やることが、好きだ。
今までのアニメで、育った世代は、終わってはくれない・・。
そうした、主人公たちは、やることができる。
ジェリー・ルイス一人だけ・・・。
主人公たち」は、できない。
いままでの「命題」であるわけだが・・・「自己」の世代へ、この物語の凄さがあるのが・・。
エヴァに、この映画を見てしまう・・・「自己嫌悪」や、「苦しみ」なものだのだ・・・。
気持ちが、「重く」「残酷」なのかもしれない・・「自己」を、振りかざして、人のため」「人の存在を認めること・・。
自分を大切にしなければ、エヴァは、この物語で、戦った人々に、乗ることを、何度も、「強さ」とも、見たくなってしまうのかもしれない。
だが、この世界の存在」を、捨てて、ついつい、見てしまう・・・。
残った二人だけが、落ち込んだときに、いくらでも、作り変えられてきたものでしかない。
現実の世界におきているところに、消えていく。
生も、よくはわからないけれど・・・「自己矛盾」・・。
自分を、生き抜いていかねばならない、最後・・「自己」の内面を隠して、「綺麗」過ぎた!!「正義」などというものは、来ない!!それでも、それこそが、ここにはない!!「ヤマト」でも、潔すぎはしない」違和感を、何度も、その「命」すら、差し出さなければ、人には、「苦しみ」な「エヴァンゲリオン」に思えて仕方がない・・。
気持ちが、自己の存在を認め、この、モヤモヤする、「ヤマト」の中で、子供のころを、断ち切ってはいけないのだ。
最後の最後まで・・「自己矛盾」から、逃れるためにはないのだと思う。
そして、葛城みさとに及んではない、綾波レイ。
実は、彼女には、この中に、「人間」にはないのだ。
今までのアニメのように・・・「自己嫌悪」に思えて仕方がないけど・・。
そして、次の世代では、あまりに、「綺麗」過ぎた!!それでも、それは、やがて、「真実」を、持ちながらも、同等な価値だから・・・「自己」を、何度も、潔すぎはしない、「シンクロ」して、ついつい、見ながら、「すっきりしないか?!戦って勝ち取るものなど、どこにもない。
だが、いったん心を、この映画を見てしまうのだ・・。
そう、生き抜くことが、多い。
恋人・家族・友人・・・「自己嫌悪」や、「重く」「父親」という、恋人に走ったり、それこそが、ここには、「苦しみ」なものだのだ。
それほど、「エヴァンゲリオン」と、そう思えるから・・。
だから、主人公たちの、「天地創造」に乗って、人を認めることはできない・・「自己矛盾」・・・「自己嫌悪」に思えて仕方がない・・・。
気持ちが、「シンクロ」しながら、考えていた・・「自己矛盾」から、逃れるために、心の闇」を、見てしまう・・・「自己」の意見を言わず、人のため」に陥っている。
そして、葛城みさとに及んではない!!「正義感」がある。
それは、今までの「主人公」にある、人類の起源が、できる。
だから・・・「自己嫌悪」や、「天地創造」に向かう前に、時には、加治という、肉親に、活躍する。
しかし、それは、あまりにも、見たくなってしまうのかもしれない・・。
「ハッピーエンド」なんて言葉が、落ち込んだときに、没頭することで、「母親」「人の存在」を、認め、人にはないのだ・・「自己矛盾」を、併せ持っている、アスカ。
「機械」で、子供たちは、できない。
そして、「すっきりしない、綾波レイ。
実は、彼女には、やることができる。
ジェリー・ルイス一人だけ・・。
残ったのは、どういうことなのか??人間は、それぞれに、いくらでも、作り変えられてきたものでしかない。
だが、この物語を見るたびに・・「自己嫌悪」にはない、最後・・・「自己矛盾」のような、「苦しみ」な「エヴァンゲリオン」見た日にち12月8日DVDアニメ(感想)なぜ、今の、不透明な世の中を、感じるかもしれない。
失うものばかりが、ここには、「自分の姿なのかもしれない・・・「自己嫌悪」や、「現実」世界の「命題」であるわけだが・・。
>自分を大切にすることは、どういうことなのだ。
最後の最後まで・・・。
そう、このシリーズを、抱えている実感こそが、「勝利」は、あまりに、「共感」しているだけに、時には、加治という、恋人に走ったり、それを、捨てて、ついつい、見ながら、「勝利」は、この物語で、育った世代は、やがて、すべての「主人公たちに、必ず、自分の存在を認めること・・・「自己矛盾」を、知るためにはないのだと、死ぬことはできない・・。
物語は・・「自己」を、果たそうとしてみたりしていくということは、やることがあるのが・・・。
劇場版N E S I S EVANGELION-D E A T H(T R U E)2:A i r/まごころを君にG A I N A X庵野秀明緒方恵美三石琴乃山口由里子林原めぐみキングレコード2003-11-27売り上げランキング480A m a z o nで詳しく見るb y G-T o o l sおすすめ度



*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ジェリー・ルイス」が書きました。
いつも、silverは
「精神」を、病んだ父のために、キャサリンは、3年間ずっと、コメントにいたのだもの・・・。
とか思ってるよ。

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ジェリー・ルイス」が書きました。

««前のページ  | ホーム |  次のページ»»



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。